クロアリが居たら白蟻もいるの?~悪影響が出ないように対処しよう~

白蟻とクロアリはどっちも悪影響を及ぼす可能性があります。 白蟻とクロアリはどっちも悪影響を及ぼす可能性があります。

クロアリと白蟻の違いを確認してみよう

白蟻

ふとした時にクロアリを自宅で見つけてしまった時に何か白アリと関係があるのかなと考える方もいらっしゃるでしょう。今回は白蟻の違いである、特徴や性質などを詳しく探っていきましょう。

クロアリと白蟻

白蟻の特徴
シロアリの外見の特徴として、羽は前後関係なく同じ大きさで、触角は真っすぐ、寸胴でくびれがありません。発生時期はヤマトシロアリが4月~5月、イエシロアリは6月~7月となっています。また、床下などの暗く閉鎖された場所に生息している場合が多いです。シロアリが通過した後には蟻道ができます。蟻道は硬くて簡単に潰れにくいため、クロアリが栄養源を求める場所でもあります。
クロアリの特徴
クロアリの見た目は、前の羽の部分が大きく、触角がくの字に曲がっています。発生時期は6月~11月で庭先などに現れることが多いです。クロアリは蟻道を基本的に作りません。また、蟻道を作ったとしてもシロアリの蟻道と違い、サラサラして潰れやすくなっています。

白蟻とクロアリは体の形や習性、活動場所などが大きく異なります。クロアリは白蟻を捕食する特性がある非常にありがたい虫なので、白蟻対策としてクロアリを放置しておくのも一つの手段です。

白蟻とクロアリがもたらす悪影響

白蟻は家を支えている木材を好んで食べるため影響度が大きいとされますが、クロアリも少なからず生活に影響する箇所があります。ここで、白蟻とクロアリが日常生活にもたらす被害の例を紹介します。

白蟻による日常生活への被害

  • 住宅の柱を食害し、壁を破壊したり穴を開けたりする
  • 床束の木材が食べられることで、床がぬけたりひび割れたりする
  • 浴室やトイレの床が白蟻によって脆くなり、水漏れなどが発生してしまう
  • ウッドデッキやベンチなどの設備が食害されてしまい、破損や腐食が発生する
  • 室内に保管してある畳や本、段ボールなどの家財が食べられてしまう

クロアリによる日常生活への被害

アリ

クロアリは、家の小さなヒビや穴からでも簡単に侵入することができます。そのため、知らぬ間に家に侵入されている可能性があります。また、クロアリは何でも食べてしまうので、キッチンなどに食材があると食べられてしまいます。クロアリは、人間の肌を刺す場合もあり、刺されてしまうと患部が腫れてしまうことがあります。

クロアリも木材を食べる!

実はクロアリも侵食した材木に潜んでいることが多く、被害を受ける可能性があります。そのため、家の老朽化がひどい場合は、白蟻とクロアリの両方が共存していることがあるかもしれません。白蟻ではないからとクロアリを放置しておくと、住宅に被害が発生してしまう危険性があります。ここは、白蟻・クロアリ関係なく発生が確認されたら、早い段階で駆除の依頼をするようにしましょう。

TOPボタン